食品を加工する目的には6つのポイントがあります。
一つ目のポイントは、長期保存ができるようにすることです。

食品の加工技術は食物が不足する時代に進化と発展をしました。

長期保存が出来るようになったことで長距離輸送ができ安定供給も可能になりました。

2つめのポイントは切って細かくしたりやわらかくしたりすることで食品を食べやすくする加工です。



3つ目のポイントは、嗜好性や娯楽性など付加価値をつけます。4つ目のポイントは、重要です。

価格の下落を防止する目的です。
農産物は一定の期間に収穫が集中します。

農産物が収穫時期などで生産過剰になった場合は価格が下落します。

その一部を加工し生鮮食品として販売をすることで量を調整します。加工することによって長期間保存ができので収穫期以外でも販売できます。

5つ目のポイントは栄養価を高めることです。加熱処理などで消化吸収率をあげて栄養素を効果的に摂取できるようにします。

三陸海宝漬といえばこちらです。

ビタミン類、ミネラルなどを食品に付加することも可能です。

必須アミノ酸を加えてタンパク価を高めます。


6つ目のポイントは安全性を確保することです。
生鮮食品のままでは長期間の保存は不可能です。

例えば、生魚などは開いて天日干しにすれば長期保存ができます。
遠い土地で採れた魚もおいしく食べられます。

食品加工の目的は、貯蔵性、可食性、嗜好性、栄養性、輸送性、間便性です。
6つの目的の組みあわせでおいしいものを季節を問わず食べられます。

マイナビニュースの様々な相談を受けることができます。

Copyright (C) 2016 食品を加工する目的には6つのポイントがあります All Rights Reserved.